MENU
  • セミナー&無料相談会開催中
  • 眼瞼下垂
  • 点滴療法
  • ハンドベイン治療
  • 血管年齢検査
  • よくあるご質問
  • ブログ
  • 診療受付
福岡県福岡市の下肢静脈瘤レーザー治療第一血管外科クリニック
TEL:0120-946-675(受付時間:9:00~18:00)
福岡県福岡市中央区天神1-4-2
エルガーラ7F (大丸東館・オフィス棟の入口は国体道路・
 済生会病院側・天神南駅交差点)

お知らせ

インフルエンザワクチン接種のご案内

  2016年10月31日

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae-%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e5%a4%a9%e7%a5%9e

 

平成28112日より「インフルエンザ予防接種」を開始します。

 

毎年冬になると注意喚起されますが、今年もインフルエンザのシーズンがやってきました。

寒くなり、空気が乾燥する季節、インフルエンザウイルスは猛威をふるいます。

 

今年のインフルエンザの流行はいつになく早く始まっているそうです。

福岡県でも、もうインフルエンザの感染者が出ているんですよ!

 

どんなにうがいや手洗いなど人一倍予防に気を使っていても、人ごみの多い場所へ出掛けたり、家族が感染するとかかってしまうこともあるのです。

 

日頃元気な若い人でも、高熱やだるさの症状は辛いですよね。

体力の低下した高齢の方がインフルエンザに感染すると、重症化しやすく、様々な合併症を起こすこともあるのです。

 

手洗い、うがい、せきエチケットはもちろん大切ですが、感染を防ぐためにもっとも有効な手段は“ワクチン接種”です。

ワクチンは、感染症の原因となるウイルスや病原菌を精製・加工し、病原性を弱め無毒化し、人の体にとって安全な状態にしたものです。

本当にかかってしまう前にワクチンを接種し、インフルエンザに対する免疫、抵抗力を作りましょう!

 

インフルエンザによる辛い症状を避けるためには、ワクチン接種は欠かせませんよ。

 

インフルエンザワクチンの効果と発現には個人差がありますが、一般的には接種後2週間目頃から5ヵ月程度効果が持続すると言われています。

今年は早いですが、だいたい11月下旬から12月頃からインフルエンザが流行りだしますね。

そして、1月~2月がピークになります。

そう考えると、12月頃までには接種することをお勧めします!

 

当院では、通常2,700(税別) ペア割引もあり、2人でお越しでしたら4,200(税別)です。

 

夫婦、恋人、友達、会社の同僚と!ぜひお越しください。

イベントの多い冬、インフルエンザ予防して楽しく元気に過ごしましょう!

 

ワクチンには限りがありますので、お早めにお電話にてご予約お願いします。

 

診療予約

クリックして電話をかける

0120-946-675

Google Analytics Alternative