MENU
  • セミナー&無料相談会開催中
  • 眼瞼下垂
  • 点滴療法
  • ハンドベイン治療
  • 血管年齢検査
  • よくあるご質問
  • ブログ
  • 診療受付
福岡県福岡市の下肢静脈瘤レーザー治療第一血管外科クリニック
TEL:0120-946-675(受付時間:9:00~18:00)
福岡県福岡市中央区天神1-4-2
エルガーラ7F (大丸東館・オフィス棟の入口は国体道路・
 済生会病院側・天神南駅交差点)

多汗症治療

 

 

 

 

 

多汗(ワキ汗)治療

多汗症治療で多い要望

  • 1.治療跡は目立たないようにしたい
  • 2.日帰りで可能な治療にしたい
  • 3.少しでも早く治したい

多汗症(原発性局所多汗症) ※一部保険診療

多汗症は、発汗が異常に増加する身体症状です。体温調節に必要な範囲を超えて、日常生活に支障を来たす程の汗をかくようになる疾患です。全身の汗が増える「全身性多汗症」と、手や足、わき、顔など体の特定部位のみの汗が増加する「局所多汗症」に分類されます。
特に原因のない「原発性」と、病気等の原因によって起こる「続発性」があり、当院では原発性局所多汗症の中でも、特にワキの多汗症である「腋窩多汗症」の治療を行っています。

多汗症(原発性局所多汗症)

多汗症の症状

  • 日常生活に支障をきたすほど大量の汗が出る。
  • 両手のひら、両足の裏、両ワキの下というように、左右対称に多汗の症状がある。
  • 多汗の症状が週に1回以上ある。
  • 寝ているときには気になるほどの汗をかかない。
  • 人より多く汗を多くかくことに、25歳以下の段階で気づいた。
  • 家族や親戚に多汗症の人がいる。

色物の服を着た時にワキのところに汗ジミができたり、制汗剤やワキ汗パッドなどが手放せない、など日常生活をおくるのに支障がある症状が出ます。

診断

汗が多すぎて生活に支障が出ている場合に「多汗症」と診断されます。
診断は問診によって行います。
「多汗症」は、厚生労働省に病気として認められていますので、ドクターの診断で「多汗症の保険適応基準」を満たしていると判断された場合は保険による治療が可能となります。
ただし、基準に満たない場合、症状が軽い場合には保険の適応になりません。
まずはドクターにお気軽に相談してみてください。

保険適応基準

1.薬剤が原因の多汗ではなく体質的なものである事
2.原因不明の過剰な発汗が半年以上持続している事に加え、以下6項目のうち2項目以上満たすこと。

  • ・初めてに症状がでたのが25歳以下であること
  • ・両側かつ左右対称性に多汗がみられること
  • ・睡眠中には発汗がとまっていること
  • ・1週間に1回以上、多汗のエピソードがあること
  • ・家族歴がみられること
  • ・それらによって日常生活に支障をきたすこと
3.発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある、または常に支障がある

※単に汗で悩んでいるだけではなく、頻繁に日常生活で支障が出ていることが保険適応の最も重要な条件となります。

ボトックス注射

A型ボツリヌス毒素製剤(商品名ボトックス)を患部に注入します。この注射で汗の分泌を促進させる神経伝達物質アセチルコリンを抑制して、発汗自体も抑えます。
皮下注射ですので処置後は普通に生活ができ、お仕事への影響もほとんどありません。
1回の注射の効果はだいたい3ヶ月~6ヶ月程度(1シーズン)ですので、効果を持続するには定期的に注射する必要があります。重度の多汗症の場合は保険適用となり、そうでない場合は自由診療での治療となります。

メリット 比較的すぐ試せる、3~6ヶ月はその他のケアが必要ない、傷も炎症も心配ない
デメリット 長くて半年の効果なので効果が切れたらまた治療が必要

治療(手術)時間 片側10分、両側15分程度
術後の通院 3~6か月ごと
術後の腫れ・痛み 2~3日
当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 希望により麻酔クリーム
シャワー・シャンプー 翌日より

切開法(反転剪除法)

一般的に行われている数少ない保険適応の手術療法のひとつで、汗腺の数を通常以下にしましょうという処置になります。入院の必要はなく、処置が終わったらお帰りになれる日帰り治療です。
腋(わき)の皮膚の皺にあわせ、3センチから4センチほどの切開を1本ないし2本入れ、指で皮膚を裏返し、目で直接見て確認しながらはさみで毛穴に開口している汗腺を切り取っていく方法です。

メリット 手術後のお手入れが必要ない、再発しなければ一生ケアが必要ない
デメリット 手術部位が感染することがある、手術後の安静期間がある、傷がやや残る

当院では再生医療(PRP療法)を利用することで回復を早め傷口をさらに目立たなくする治療も可能です。

切開法

治療(手術)時間 片側1時間弱程度、両側で1時間半程度
術後の通院 5回
術後の腫れ・痛み 2~3週間
当日の治療 可能(初診予約時に、当日処置希望とお伝えください)
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー・シャンプー 術後4日目より

パースピレックス(医薬品)

パースピレックス(Perspirex)は、特許処方により長時間、効果が持続する長時間持続型の新しいタイプの制汗剤(医薬品)です。

メリット 塗るだけで効果が得られる、すぐに試せる
デメリット 脇のピリピリ感、皮膚が弱いと荒れる、継続的に使用しなくてはいけない

汗を抑えたい体の部位(わき、手、足の付け根など)へ塗布すると、汗腺内水分と反応し汗腺深部に角栓を作ります。この角栓が蓋となり、物理的に発汗を抑えます。1回の使用で3~5日間、汗を気にせず過ごすことができます。市販の制汗剤では抑えきれなかった掌汗や足裏の汗にも効果が期待できます。
香料不使用。衣服への色移りや白い筋が残ることはありません。

身体部位 タイプ
わき ロールタイプ
手足 ローションタイプ

※ パースピレックスは医療機関専売品(医薬品)の制汗剤であり、処方には医師の診察が必要です。

治療の流れと方法

1カウンセリングへのお申し込み

カウンセリング予約

カウンセリング受付(0120-946-675)までお電話頂くかあるいは「カウンセリング予約フォーム」からカウンセリング予約を行ってください。

2初診~カウンセリング

カウンセリング

診察をご希望の方は問診票を記入していただきます。その後専門の医師がカウンセリングを行います。ご不安なことなどお気軽にお尋ねください。カウンセリングの結果、治療をご希望の方は、ここで治療日(又は手術日)をご予約ください。(当日の施術も可能です))

3治療当日

治療

注射のみの場合は15分程度、手術の場合は約60分~90分で終了します。入院は不要ですが、術後最低3日間は極力肩を動かすことを控え、安静にしてください。

4手術3日後

術後3日

包帯交換を含め、術後の経過をチェックします。万一、化膿していたり、痛みや腫れが酷いなど、何か気になることがあればこの日を待たずにいつでもご連絡ください

5手術7日~14日後

術後7日

手術後は傷の治り具合をみながら抜糸を半分行います。傷口が開いてしまったり、治りが遅い等があれば多少前後する場合もあります。手術後2週間目に回復状態を確認して全抜糸を行います。。

6手術1ヶ月

術後1ヶ月

経過についてチェックします。ご来院間隔は医師が患者様の状態を見て個別に判断いたしますので必ず3回来院しなくてはならない、という事ではありません。上記はあくまで目安とお考えください。

抜糸について (わきが、タトゥー、傷跡切開、傷跡除去)

縫ったところに張力がかかる場合や、血流が悪くなる(血腫)など明らかに通常より治りがおそいと考えられる状態の手術創の抜糸はまず一週間目に半抜糸を行います。半抜糸とは縫合した糸を間引きして抜糸していくものです。これは、傷の離開を防ぎ正常で早い回復を妨げる要因を極力排除するためです。術後2週間目、半抜糸後1週間目を目安に、創部(手術のキズ)の回復状態を確認し全抜糸を行います。

 

多汗症治療料金

初診料 保険診療(自己負担3割の場合) ¥850(税込)
自由診療 ¥3,000
再診料 保険診療(自己負担3割の場合) ¥230(税込)
自由診療 ¥1,000
健康保険証 来院時に必ず健康保険証をご持参ください。
混合診療 保険外診療との混合診療は行っておりません。(保険診療も全額自己負担となります)
  • ※初回のカウンセリング(初診)は保険診療となります。
  • ※保険適用外の診断を受けて自由診療を希望する場合は新たに初診料が必要となります。
  • ※手術費のほかに、術前検査代および手術中・後に必要な薬剤代がかかります。
  • ※表示金額は全て税抜価格となります。
ボトックス注射
保険適用(3割相当額) 片側 ¥27,000~
自費診療 片側 ¥50,000~
反転剪徐法
保険適用(3割相当額) 片側 ¥17,190
両側 ¥34,380
自費診療 片側 ¥180,000
両側 ¥288,000

多汗症治療Q&A

1回の処置でどれくらいの期間効果がありますか(ボトックス注射)
ボトックス注射を使った治療の効果は3~6ヵ月ですので、効果を持続させるためには定期的に処置が必要となります。
まったく汗をかかなくなりますか?
気にならない程度にわき汗を軽減することができます。ただし、まったく汗をかかないわけではありません。
わきの臭いも取れますか?
わきの臭いも軽減されます。
保険は使えますか?
当院では重度腋窩多汗症の診断がついた場合は健康保険の適用とさせていただいております。軽度の多汗症で治療を希望される場合は自由診療での取扱いとなります。
注射のあとに腫れはありますか?
注射後3日ほど浮腫み程度の腫れが出る場合があります。
ボトックス注射の前に麻酔を使いますか?
基本的には使いません。ただし痛みに弱い方の場合は「塗る麻酔クリーム」や「静脈麻酔」などを併用して痛みを軽減させることができます。(別途費用がかかります)
治療の跡は残りますか?
ボトックス注射での治療では注射の痕はほとんど残りません。
手術を行う場合には基本的には手術痕を完全に消すことはできませんが、きれいに仕上げることは可能です。また、当院では術後の術創(手術でついた傷)ケアとして早期回復ができる再生医療(多血小板血漿療法)を導入しておりますのでお気軽にご相談ください。
わき汗が治ることによって、他からの汗が増えますか?
基本的にはほかの部位での汗が増えることはないといわれています。
ボトックス治療では注射は何か所ぐらいにうちますか?
片側20~30箇所ぐらいです
効果がでるまでにタイムラグがあると聞きますが、いつ頃の時期に処置するのがよいですか?
処置後3日から2週間ほどで効果が実感できます
手、足にもボトックス注射はできますか?
可能ですが、手足は麻酔クリームの効果がほとんどなく注射時に必ず痛みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診療予約

クリックして電話をかける

0120-946-675

Google Analytics Alternative